かもうのおおくす|鹿児島県

蒲生の大クス(国特別天然記念物)

概要

生のクスは、大正11年3月8日に国天然記念物に、その後、昭和27年3月29日に国特別天然記念物に指定されました。蒲生八幡神社境内にあり、推定樹齢1、500年、根回り33.57m、目通り幹囲24.22mで、幹の基部は凹凸が多く、幹の内部には直径4.50m(タタミ8畳敷分)の空洞があります。枝葉は四方に勢いよく生い茂り壮観な姿を見ることができます。大正2年(1913)、林学博士の本多静六氏は、東京農科大学造林学教室編纂『大日本老樹番附』の中で「蒲生のクス」を東横綱の位に置いています。また、昭和63年度に環境庁が実施した『巨樹・巨木林調査』により、改めて日本一の巨樹であることが証明されました。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 鹿児島県鹿児島市・桜島・霧島
住所 鹿児島県姶良市蒲生町上久徳(蒲生八幡神社境内)
電話番号 【問合せ】TEL:0995-52-1211 ; FAX:0995-52-1219 ; URL:http://www.city.aira.lg.jp/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時期】通年

蒲生の大クス(国特別天然記念物)へのアクセス

蒲生総合支所から徒歩で3分

PAGE TOP