いんじょうかいがんまたてのいわや|鹿児島県

犬城海岸馬立の岩屋

概要

犬城海岸の北端にあり,種子島家十代島主幡時がこの洞窟で修験道術(天狗飛切りの術)の修行をしていたといわれ,1462年8月17日この日も修行のため洞窟に入っていたが,二度と帰ってこず,愛馬が穴の前で主人の帰りを待っていたことから,この名前がついたと言われている。また幡時の菅笠が隣町の宝満の池に浮かんでいたことから,馬立の岩屋と宝満の池は通じているという伝説が残っています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 鹿児島県種子島
住所 鹿児島県熊毛郡中種子町増田
電話番号 【問合せ】TEL:0997-27-1111 ; FAX:0997-27-3634 ; URL:http://town.nakatane.kagoshima.jp
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【規模】高さ8m/面積0.05ha

犬城海岸馬立の岩屋へのアクセス

中種子町中心部よりから車で20分

PAGE TOP