とうぎゅう|鹿児島県

闘牛(鹿児島県)

概要

かつて、藩政を引かれていた頃、労苦の慰みとして闘牛は生まれ、現在では島の娯楽として継がれていますが、牛を育て戦わせるのは大変な苦労でもあり、もはや「生活」をかけている島民もたくさんいます。試合当日、闘牛場へ向かう牛の先導役は、行く手に塩を撒きながら進み、牛が悪霊を感じないようにお清めをします。頭を突き合わせた二頭の牛の引き綱を鎌で断ち切り、闘いが始まります。牛には、勢子(せこ)という掛け声を牛にかけ、戦闘意欲をかりたてる人がついて牛を戦わせます。いずれの牛が逃げ出すか、戦う意欲をなくした時点で勝敗が決します。会場の人々は牛と共に戦い、それぞれが自身に流れる熱くこみ上げるものを感じ、会場全体が熱気に包まれていきます。

基本情報

ジャンル イベント
地域 鹿児島県奄美大島・与論島
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
住所 鹿児島県大島郡伊仙町‐
電話番号 【問合せ】TEL:0997-86-3111 ; FAX:0997-86-2301 ; Mail:isencho@po.synapse.ne.jp ; URL:http://www.town.isen.kagoshima.jp/
料金 【大人】3,000円 *(小人2000円)場所によっては、2500円の場合もある。(その場合、小人1500円)
開催期間 1月~10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【開催地】各闘牛場 *伊藤観光ドーム闘牛場 、東目手久闘牛場 、松原闘牛場

闘牛(鹿児島県)へのアクセス

徳之島空港からバスで40分[40km] *伊藤観光ドーム闘牛場
徳之島空港からバスで30分[30km] *東目手久闘牛場
徳之島空港からバスで10分[10km] *松原闘牛場

PAGE TOP