日本全国 食欲の秋
きゅうそうげんじせきもん|沖縄県

旧崇元寺石門

概要

崇元寺は、その山号を霊徳山と称し、琉球歴代王の霊位を祀った寺で石門はアーチ型3つに左右の通用門を加え5つの門が一定の間隔を保って一直線に並列している。門は石垣で形成されているが、その調和がよいばかりでなく、雄大で壮美なため建築専門家に琉球随一の建造物だと激賞されている。戦前は国宝に指定されていたが、今次大戦で寺院は壊滅し、現在は戦後復旧された石門が残っているだけである。しかし、門前の下馬碑は向かって右側の一つが戦災を免れ昔の形を残している。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部
住所 沖縄県那覇市泊1-9-1付近
電話番号 【問合せ】TEL:098-917-3501
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【建築年代1】1527年

旧崇元寺石門へのアクセス

那覇バスターミナルからバスで20分
美栄橋駅から徒歩で10分

PAGE TOP