ひらくぼざき|沖縄県

平久保崎

独特の地形を持つ放牧地の先にコバルトブルーの絶景が広がる

概要

石垣島の最北端に位置する「平久保岬」。
琉球王朝時代から放牧地として使われていた独特の地形に、今も黒毛和牛が飼育されている。
牧場を抜けた先に立つ灯台の上からは、正面に大地離島という小島を見下ろし、その右手にはサンゴ礁のリーフに囲まれたコバルトブルーの海が広がる。
駐車場脇の岩場にも登ることができ、ここからの眺めも美しい。
灯台側だけではなく、緑のじゅうたんが見事な島側の眺望もお見逃しなく。
石垣市街からはレンタカーで1時間半。
道中の風景も楽しみながら、一度は訪れたい秘境だ。
島一周ドライブには、ノンストップで3時間、ポイントを押さえて回るなら半日が目安。
のんびり景色を楽しむなら一日掛けて巡りたい。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 沖縄県石垣島
住所 沖縄県石垣市平久保
電話番号 石垣市観光交流協会 0980-82-2809
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

平久保崎へのアクセス

空港から約45km
車:約1時間
路線バス:平野線・平野経由伊原間線「平野」下車
バスターミナル~平野/約1時間30分、下車後/徒歩約15分 [時刻表]
バスフリー乗降区間なので「平久保崎灯台に行きたい」と言っておけば、最寄の場所で降ろしてくれる。乗るときも手を挙げれば停まってくれる。

PAGE TOP