びせざき|沖縄県

備瀬崎

透き通る海にサンゴ礁が残る手付かずの海岸

概要

沖縄本島北西部、美ら海水族館やエメラルドビーチを擁する「海洋博公園」の先に、「備瀬のフクギ並木」がある。
大きなフクギによって光を遮られた道を水牛車で観光することもできる、おすすめスポットだ。
フクギ並木を抜けた先にあるのが備瀬崎の海。
サンゴ礁が残るほとんど手付かずの天然海岸で、シュノーケリング客からも人気を集めている。
透き通った海の向こうには、「ミーウガン」と呼ばれる聖域である小さな島がある。干潮時には歩いて渡ることもできるが、満潮になると流れもあるので注意しよう。
春先には、岩場にびっしりと付着するアーサ(アオサ)が採れる。
潮の香りが豊かな採れたてのアーサは、一度は味わっておきたい。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 沖縄県沖縄名護・沖縄北部
住所 沖縄県国頭郡本部町備瀬崎
HP http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0004282.aspx
駐車場 約26台(1台500円)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

備瀬崎へのアクセス

那覇市街から沖縄自動車道を経由、許田IC下車。国道58号線を名護市街で左折、国道449号線から県道114号線へ。
「海洋博公園」前を通過して「備瀬のフクギ並木」を抜けた岬の先端。車で約2時間

PAGE TOP