はまひがじま|沖縄県

浜比嘉島

琉球開闢の神が降臨した伝説の地は、島全体がパワースポット

概要

太平洋に浮かぶうるま市の離島、「ばま」と呼ばれる浜比嘉島。
浜比嘉大橋を渡って右側の浜集落と左側の比嘉集落には、どちらも昔ながらの赤瓦や琉球石灰岩の家並みが残り、映画などの撮影にもよく使われる。
琉球の始まりの地といわれ、祖神「アマミキヨ」「シネリキヨ」が住んだ場所と伝えられる。
30余の拝所があり、祈りと祀りの行事が1年を通して行われている。
子宝や五穀豊穣を願って拝みに来る人は後を絶たない。
「ホテル浜比嘉リゾート」のオープン以降は島内の観光スポットが整備され、ビーチもあるため宿泊での滞在もおすすめだ。
紺碧の海に包まれた島全体がパワースポットの浜比嘉島、時間が許せばくまなく散策したい。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 沖縄県沖縄恩納村・沖縄中部
住所 沖縄県うるま市勝連比嘉
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

浜比嘉島へのアクセス

■車(レンタカー)で
高速を使う場合
空港近くの豊見城・名嘉地ICから乗り、沖縄北ICでおりる。
高速出口からそのまま3キロほど直進する(県道36号)。
その後は県道75号(上平良川交差点を左折)~県道10号(平良川交差点を右折)へ。
8.5キロほど進むと「海中道路」の標識が出てくるので左折。

■バスで
(1)ゆいレール(沖縄モノレール)旭橋駅から徒歩3分の那覇バスターミナルへ
(2)27番の路線バスで1時間50分、バス停「JA与那城前」下車
(3)うるま市コミュニティバスに乗り換え10分、バス停「浜漁港前」下車
(4)徒歩すぐで浜比嘉大橋へ

PAGE TOP