かつれんじょうあと|沖縄県

勝連城跡(世界遺産)

概要

勝連城跡は、琉球王国が安定していく過程で、国王に最期まで抵抗した有力按司(あじ)阿麻和利が住んでいた城として有名。一の曲輪(くるわ)からは、北は金武湾を囲む北部の山々やうるま市の離島を望むことができ、南は知念半島や久高島、護佐丸の居城であった中城城跡が一望できる景勝地になっている。勝連城跡は、2000年12月に『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の一つとして、世界遺産に登録された。近年来訪者も増加し年間約10万人の観光客が訪れている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 沖縄県沖縄恩納村・沖縄中部
住所 沖縄県うるま市勝連南風原3908
電話番号 【所在地】TEL:098-978-7373 ; FAX:098-978-7373 / 【問合せ】TEL:098-965-5634 ; FAX:098-965-5623 ; URL:http://www3.ocn.ne.jp/~ktm/
営業時間 見学時間:~年中無休 / 開館時間:9:00~18:00 勝連城跡向かいの休憩所は、18時までです。(年中無休)
付帯設備 【その他】(10セット) *登山用スティック無料貸出あり
料金 【その他】 *見学無料
駐車場 なし
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

勝連城跡(世界遺産)へのアクセス

那覇バスターミナルから90分 *屋慶名線(27、180番)西原バス停下車、徒歩約10分
おもろまち駅広場から90分 *屋慶名おもろまち線(227番)西原バス停下車、徒歩約10分
那覇バスターミナルから90分 *与勝線(52番)勝連団地前下車、徒歩約5分
宜野湾真志喜から60分 *前原線(61番)勝連団地前下車、徒歩約5分

PAGE TOP