ざんぱみさき|沖縄県

残波岬

高さ30mの断崖が2kmにわたって続く、白亜の灯台が立つ岬

概要

沖縄本島の最西端、夕日が最後に沈む場所が残波岬だ。
高さ30mという自然のままの断崖絶壁が2kmにわたって続き、先端には白亜の大灯台が立つ。
磯釣りやダイビングスポットとしても人気だ。
シンボルマークの灯台は、上まで登って見晴らしの良い景色を楽しむことができる。
付近には琉球王朝時代の「商売の神様」といわれる泰期の像が建てられている。
また、「残波岬いこいの広場」ではヤギやカメなどの小動物とふれあえ、広い芝生でのびのびと遊ぶこともできる。
ボール遊びやスポーツも可能で、テニスコートやバスケットコートもある。
全高およそ7mという沖縄最大のシーサーも必見だ。
岬の手前の徒歩圏内には、残波ビーチがある。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 沖縄県沖縄恩納村・沖縄中部
住所 沖縄県中頭郡読谷村字宇座
料金 無料
駐車場 無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

残波岬へのアクセス

那覇空港からは国道332号線から国道58号線に入りまっすぐ北上。
読谷村喜名交差点を左折し県道12号線を直進、高志保交差点を右折し県道6号線を進み
残波入口交差点を左折、道なりに進み突きあたりに残波岬がある。

【車・レンタカーで】
那覇空港からは国道332号線から国道58号線に入りまっすぐ北上。
読谷村喜名交差点を左折し県道12号線を直進、高志保交差点を右折し県道6号線を進み
残波入口交差点を左折、道なりに進み突きあたりに残波岬がある。
沖縄自動車道 那覇ICから乗り、沖縄南ICで下車して国道に入り約50分。

【路線バスで】
那覇バスターミナルより、28番、バス停残波岬公園下車、徒歩約5分

PAGE TOP