ひがしへんなざき|沖縄県

東平安名崎

東シナ海と太平洋を分断するように突き出た約2kmの岬

概要

宮古島の南東の端、平良市街から約30km、車で40分ほどの場所にある「東平安名崎」。
東シナ海と太平洋をまっぷたつに分断するかのように2kmの岬が突き出している。
日本百景に選ばれている絶景ポイントで、与那覇前浜や池間島と並んで宮古島を代表する観光地だ。
陸上は平坦だが、左右は強風が吹き寄せる断崖絶壁。
海岸には独特の植物群落が成り立ち、沖縄県の天然記念物に指定されている。
岬の先端にある平安名崎灯台からは、東シナ海側と太平洋側でまったく異なる光景を眺めることができる。
遠浅の海に大きな岩がゴロゴロと点在し、干潮時には広大なサンゴが顔を出す。
夏にはバンドウイルカの群れを見られることも。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 沖縄県宮古島
住所 沖縄県宮古島市城辺保良平安
駐車場 50台
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

東平安名崎へのアクセス

空港から約21.5km、車で約35分
新城吉野保良線(協栄バス)/保良(平良から約40分)・ 下車後徒歩約90分

PAGE TOP