さんぴんちゃ|沖縄県

さんぴん茶

沖縄で最も親しまれているジャスミンの花の香りが爽やかなお茶

概要

”さんぴん茶”というと聞き慣れないが、その正体はジャスミン茶。中国で、ジャスミン茶のことを「香片(シャンピエン)茶」と呼ぶ地方があり、それが訛ってさんぴん茶になったといわれている。ジャスミン茶は、ジャスミンの花をお茶にしたたけではなく、緑茶にジャスミンの花の香りをつけたもの。人気が出てからは、全国展開している大手飲料メーカーもこぞって缶やペットボトルを発売したため、近年はジャスミン茶といえば、全国的にメジャーなお茶のひとつになった。沖縄を訪れた際は、本場の味を確かめてみてはどうだろうか?

基本情報

ジャンル お土産
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP