たんざぶろうやしきながやもん|東京都

丹三郎屋敷長屋門

概要

原島丹三郎友連は文明8年(1476)に生まれ、小田原北条氏に仕え西多摩郡奥多摩の開発に努め、自らの名を付けて「丹三郎村」とし、天文年間(1532~1555)に亡くなったとされています。長屋門は、門の両側に部屋が連なる形式で、多摩における茅葺きの代表例として母屋とともに江戸時代の名主屋敷の姿を現在に伝えています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 東京都奥多摩・青梅
住所 東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎260
電話番号 【問合せ】TEL:0428-83-2152
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

丹三郎屋敷長屋門へのアクセス

JR古里駅から徒歩で10分[0.7km]

PAGE TOP