いらぶーじる|沖縄県

イラブー汁

燻製にしてダシをとる、エラブウミヘビを使った最高級の伝統料理

概要

”イラブー汁”は、エラブウミヘビを使った汁料理のことで、沖縄で琉球時代から伝わる最高級の伝統料理だ。エラブウミヘビは、産卵のために上陸したもののみ採捕が許されていて、とったウミヘビを一度燻製にしたのち、戻してから煮込んで出汁をとる。具には島豆腐や豚肉、昆布や野草などが用いられ、ウミヘビの肉はほとんど入っていないが、その成分がうつった出汁のほうが重宝される。老化防止、血圧降下、解熱などの効果があるといわれるが、非常に手間が掛かるため、提供する店が少なく、なかなか食べられない貴重な料理だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
別名 ウミヘビのスープ
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP