うちのうらうちゅうくうかんかんそくじょ|鹿児島県

内之浦宇宙空間観測所

概要

内之浦宇宙空間観測所は、昭和37(1962)年に東京大学生産技術研究所の付属施設として設置された世界でも珍しい山地に設置されたロケット発射場です。昭和45(1970)年に日本で初となる人工衛星「おおすみ」を打ち上げるなど、大小400機にのぼる科学観測ロケット及び科学衛星の打ち上げを行い、また、それらの追跡・データ取得なども行っています。 平成15(2003)年5月9日には、小惑星「イトカワ」でのサンプル採取とリターンをミッションとした小惑星探査機「はやぶさ」もここ内之浦から打ち上げられており、「はやぶさ」の母港としても有名です。 また、平成25(2013)年9月14日には、新型固体燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げが行われました。12年振りに開発された新型国産ロケット打ち上げということもあり、全国から注目を集めました。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 鹿児島県志布志・鹿屋・大隅半島
住所 鹿児島県肝属郡肝付町南方1791-13
電話番号 【所在地】TEL:050-3362-3111 / 【問合せ】 ; URL:http://kimotsuki-town.jp/3915.htm
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

内之浦宇宙空間観測所へのアクセス

PAGE TOP