とかちだけおんせん ゆもと りょううんかく|北海道

十勝岳温泉 湯元 凌雲閣

概要

昭和35年5月 十勝岳の地図を差s区制するために測量中の会田久左ェ門氏は安政火口の渓谷に満ちている雪解け水の温水に気づき、翌6月湧き出る41℃の湯元を発見、本格的な温泉掘削に着手。そして9月ボーリングの末、湯温43℃、毎分250リットルの湯が湧き出る。次に温泉やどの建設に取り掛かった。資材は全て手運びで山道を人と馬だけで一日何度も運び上げた。宿の建設と同時進行で配管工事が行われ、湯元からビニール管で1.6キロの距離を岩や崖に固定して行った。昭和36年上富良野駐屯地の自衛隊・山崎隊長指揮のもと刈り分け道路が完成。これにより行政も本格的な道路建設が始まった。こうして大勢の人々の力強い協力のもと昭和38年7月についに温泉宿を開業した。「雲を凌ぐ宿」凌雲閣と名づけた。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 北海道旭川・富良野・美瑛
住所 北海道空知郡上富良野町十勝岳
電話番号 【所在地】TEL:0167-39-4111 ; FAX:0167-39-4112 / 【問合せ】TEL:0167-39-4111 ; FAX:0167-39-4112 ; URL:http://ryouunkaku.com / 【予約先】TEL:0167-39-4111
営業時間 営業時間:8:00~9:00 IN 15:00 OUT 10:00
料金 【大人】800円 *日帰り入浴 / 【その他】9,500円 *2名様1室2食付 季節により料金が異なります※要電話
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

十勝岳温泉 湯元 凌雲閣へのアクセス

JR上富良野駅から車で30分[18km]

PAGE TOP