やきぶたたまごめし|愛媛県

焼豚玉子飯

今治人の気質から生まれたソウルフード

概要

今治焼豚玉子飯は約40年前、市内にあった中華料理店「五番閣」(閉店)のまかない料理として生まれた。その「五番閣」から独立した「白楽天」「重松飯店」がメニュー化した事で口コミとなり、ソウルフードとなった。2010年現在では市内約60店舗程でメニュー化され、人気を博している。 焼豚の厚さや部位、玉子、タレと各店舗特徴がある。 焼豚玉子飯の提供はとにかく早い。これは今治人の気質によるもの。今治人はイラチで(気が短い事)料理が早く提供されないと我慢できない。どんぶりにご飯をよそい、スライスした焼豚(店によって異なる)をのせ目玉焼きをトッピング。甘辛いタレをかけて完成。 この間わずか数十秒。イラチな今治人をも満足させる超特急飯だ。
そんな今治人で結成されるまちおこし団体「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」では、焼豚玉子飯を通して今治を世界に普及させる野望を抱いている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県今治
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP