こいのうまに|山形県

鯉のうま煮

江戸時代の米沢で最高のタンパク源として重宝された鯉の甘煮

概要

鯉は、動物性のタンパク質が豊富。江戸時代、米沢9代藩主の上杉鷹山が領民のタンパク源にと養鯉を取り入れ、米沢の地に鯉が根付いた。当時は、農家の台所の排水口のところに池を作り、流れ出る台所のくずで鯉を養殖したと言われている。その鯉を砂糖と醤油、みりんで甘く煮たのが、「鯉のうま煮」。現在でも山形県の置腸では、豊富な湧き水のもと鯉が養殖されており、泥臭くなく、冬の厳しさで身が引き締まった鯉は高い人気を集めている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県米沢
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP