ざおうじんぎすかん|山形県

蔵王ジンギスカン

元祖ジンギスカンここにあり!モンゴル料理から生まれた日本の味

概要

昭和初期、山形で羊毛生産が行われていたものの、化学繊維の普及により、羊毛農家の経営は悪化。農家救済の手だてとして、発展していったのが「蔵王ジンギスカン」である。当時の日本綿羊協会の会長がモンゴルに訪れた際、中央が盛り上がった鉄兜で羊の肉を焼いて食べる料理に出会い、これを地元蔵王で再現したのが、ジンギスカンのはじまり。すでに全国各地では、羊の肉を串刺しにして食べるという文化はあったものの、鉄鍋で出すようになったのは蔵王が元祖なのである。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県山形市・蔵王・天童
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP