とっとりとうふちくわ|鳥取県

鳥取とうふちくわ

とうふの美味しさが凝縮!江戸時代から続くハイブリッドなちくわ

概要

一般的には魚肉でつくるちくわを、木綿豆腐と白身魚のすり身を7対3の割合で混ぜ合わせてつくる。豆腐の美味しさと香りを感じることができる。鳥取県東部を中心につくられている。

【歴史・由来】
江戸時代、鳥取藩主の池田光仲が、当時高価で入手困難な魚の代わりに豆腐を食べることを推奨したことから、鳥取とうふちくわが考案されたと伝わる。

【おすすめの食べ方】
そのままかじったり、好みで生姜醤油をつけて食す。日常的にも冠婚葬祭でも食されている。土産品としても定着している。

【提供店】
鳥取県東部に複数のメーカーが存在し、郷土料理店や居酒屋で提供されている。空港や駅などにある土産品店の他、百貨店やスーパーで購入することもできる。鳥取とうふちくわ総研のwebサイトでは提供店を紹介。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鳥取県鳥取市周辺米子・大山・境港倉吉・三朝
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP