かいぐんさんのにゅうこうぜんざい|長崎県

海軍さんの入港ぜんざい

無事に帰還できた海軍兵士の喜びを感じながら食す、甘い味。

概要

日本海軍において、長い航海を終えて母港に帰港する前夜に船の中で振舞われていたのが”入港ぜんざい”。このぜんざいには疲れを癒す意味と、無事帰ってくることが出来たお祝いの意味が込められていて、この習慣は現在の海上自衛隊にも一部受け継がれているそうだ。一言にぜんざいと言っても、おもち、白玉、たい焼き、など入っているものや甘さは各お店それぞれ。自分好みの味の店を探すのもおもしろい。佐世保は明治初期まで4000人ほどの寒村で、明治22年に日本海軍佐世保鎮守府が設置されて以来、人口が増え村から一挙に市となり発展を遂げてきた港街である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県佐世保・平戸
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP