どんどんやき|山形県

どんどん焼き

割り箸に巻かれた謎の「お好み焼き」登場!

概要

どんどん焼きは、もんじゃ焼きを路上での飲食用に改良した東京発祥の食べ物であるが、山形県村山地方のものは一味違う。それは、持ち運びが便利なように、薄く焼いた生地を割り箸に巻いているのだ。昭和13年頃、大場亀吉がリヤカーで販売したのがはじまりだと言われており、1本の削った木の棒に巻き付けていたが、後進たちには技術的に難しかったため、2本の棒、あるいは割り箸に巻付けるように変化した。また味付けも醤油が一般的だったが、ソースが普及するようになり、醤油からソースへと変わっていった。現在、どんどん焼きはソース味の海苔・魚肉ソーセージ入りのスタンダードなものから、具材にたまご、チーズを使うものや、味付けも梅肉、カレー風味など、そのバリエーションは豊富である。食味の楽しみソースをつけて食べるどんどん焼きが主流ですが、あっさり食べることができる醤油味もいまだ人気である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP