ようていめろん|北海道

ようていメロン

羊蹄山麓特有の昼夜の寒暖差が育んだ甘いメロンは、10月末まで

概要

ミネラル豊富な羊蹄山(ようていさん)の伏流水と、山岳地帯特有の寒暖差が、糖度・形・食味に優れた高雅なメロンを育む。また、各時期に合わせた品種の選定により、北海道内でも有数のロングラン出荷を可能にしており、6月中旬~10月下旬まで楽しめる。特に、ルピア系は甘くて日持ちがよく、食べ頃期間が長いのが特徴で贈り物にも最適。メロンはカリウムが豊富に含まれており、赤肉のカロテン含有量は果物の中で群を抜いている。また、糖分が即効性の高いエネルギー源となるので、夏バテ防止にも効果的だといわれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道小樽・余市・ニセコ
6月 7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP