すけそうだら|北海道

すけそうだら

北海道内でも屈指の漁獲量。身はカマボコに、卵巣はタラコに

概要

細長い体で目と口は大きく、「下顎が上顎より前に出ていること」「下顎のひげはない、もしくは極めて小さいこと」が、同じタラ科のマダラ、コマイとの大きな違い。北海道内で2番目に多い漁獲量を誇る重要漁獲対象種だ。本漁業では、スケトウダラが回遊する海底付近に帯状の網を設置し、網目に刺さった魚を網ごと船上に引き揚げて漁獲。身はすり身にしてカマボコに、卵巣の塩漬けはタラコや明太子に加工される。羅臼では刺身でも食べる。旬は12月を中心にした冬。タラコの市場への入荷は、秋から春にかけて。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP