あおもりけんのうに|青森県

青森県のうに

トロリとした舌触りと独特の甘みが堪らない逸品

概要

青森県で漁獲されるウニは、キタムラサキウニとエゾバフンウニの2種で共にオオバフンウニ科に属する。前者はとげが短く身が赤系で、「ノナ」とも呼ばれる。水深60m以浅の転石帯や岩礁帯に生息し、大きいものでは殻が15cm以上にも成長する。後者はとげが長く身が白系で「ガゼ」とも呼ばれる。水深20m以浅の転石帯や岩礁帯に生息し、成長はおよそ7~8cmまで成長する。食用とされているのは殻の中の生殖巣の部位で、鮨種、蒸し物、練りウニ、塩ウニなどで食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
6月 7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP