ひろさきふじ|青森県

ひろさきふじ

果肉に蜜が入りやすい弘前産の早生ふじ

概要

昭和59年、弘前市鬼沢の大鰐勝四郎氏が自分のりんご園で発見した、早生ふじと言われるりんごの1品種。果重は300~350g位、特別大きくて500g程度。果形はふじと比較するとより円形で、果色は濃赤色、縞状に着色して色が濃くなると縞が不明瞭になる。また、糖度が高くて蜜も入りやすく、果汁が多い。食味もやはりふじに似ているが、果肉はやや軟らかく、酸味が少なめなのが特徴。収穫期は10月初旬で、ふじよりも約1ヶ月早く収穫ができる。貯蔵性は普通貯蔵で約1ヶ月程度。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県弘前
10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP