がたたん|北海道

含多湯

芦別の伝統的なスープ料理

概要

”含多湯”は、色々な具が入ったボリュームのある中華風スープで、芦別の名物料理だ。鶏ガラや豚骨などのスープに、ふき、たけのこ、しいたけ、イカ、肉、白玉団子など10種類以上の具を入れて、塩で味が調えられている。芦別と云えば嘗ては石炭産業で栄えた街だが、戦後に旧満州から引き揚げてきた人が開いた飲食店「幸楽」で中国の家庭料理を、含多湯としてメニューに出したの由来だ。炭鉱閉山後からは、芦別市による観光振興の一環として、各料理店の協力を得て含多湯が広まり、そのブームは北海道内に広がりつつある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道夕張・岩見沢・滝川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP