秋田県
きりたんぽ

きりたんぽ

地元でも長年愛されるおふくろの味。その知名度は全国レベル!

  • きりたんぽ
  • きりたんぽ

「きりたんぽ」発祥の大館・北鹿地方では、古くから食卓に欠かせないご「おふくろの味」であり、冠婚葬祭の際は必ずといっていいほど出されるごちそうでもある。硬めに炊いたうるち米のご飯をつぶし、秋田杉の棒に竹輪のように巻きつけたものを囲炉裏でこんがり焼き上げるのが常道。名前の由来は、その形が槍の稽古に使う「短穂槍(たんぽやり)」に似ていることから。食べ方は、味噌を付けて焼きそのまま食べる方法、棒から外し鶏肉やセリや笹がきゴボウなどと一緒に煮て味わう方法、「きりたんぽ鍋」として楽しむ方法などがある。

PAGE TOP