あきたもろこし|秋田県

秋田諸越

お茶受けとして喜ばれる、口どけ抜群の上品で贅沢な秋田銘菓

概要

諸越(もろこし)は、もち米の粉に砂糖と少量の水あめなどを加え混ぜ、木型で抜き乾燥してつくる和菓子「落雁」の一種で、秋田銘菓の一つ。もち米ではなく小豆の粉を使っているのが特徴。小豆の皮と除いて作るので、色は白っぽい。名前の由来は「とうもろこし」とは関係がなく、その昔、秋田藩主・佐竹公が「もろもろの菓子を越えて風味よし」とその味を評価したことからきているそう。口の中で舌触りも滑らかに溶ける上品な甘さがお茶受けにぴったりの味わいである。

基本情報

ジャンル お土産
地域 秋田県大館・能代男鹿・八郎潟秋田市角館・田沢湖大仙・横手・湯沢由利本荘
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP