ほしもち|秋田県

干し餅

サクサクとした食感が楽しめる、この土地ならではの食材。

概要

秋田の干し餅は、一年のうち半年が雪の季節となる、この土地ならではの産物である。長い冬の風にさらして作るこの干し餅は、寒さが厳しいほどに、サクサクとした食感が増し、美味しくできるのだそう。作り方は、紫芋、カボチャ、小豆、シソ、ゴマなどを練り込んで作った切り餅を、山で採ってきた“スゲ”で屋外につるしておき乾燥すれば出来上がり。そのままでも食べられるが、フライパンやストーブの上で焼いたり、油で揚げていただくと一層風味が増し美味である。

基本情報

ジャンル お土産
地域 秋田県大館・能代男鹿・八郎潟秋田市角館・田沢湖大仙・横手・湯沢由利本荘
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP