あきたかやき|秋田県

秋田かやき

昔は貝を鍋代わりに使っていた、一人用煮込み料理「かやき」

概要

かやきとは、「貝焼き」が訛った言葉といわれ、漁師が一人分の鍋の変わりに大きなホタテの貝殻を使って魚を料理したのが始まり。現在のかやきは、肉や魚、季節の魚や野菜、山菜などを、味噌、塩、醤油、塩、魚汁などで煮込む一人用の秋田特有の鍋料理のこと。近年は、ご当地B級グルメ「秋田かやき」として全国に知られるようになった。季節や地域、好みによってさまざまなバリエーションが楽しめるのが秋田かやきの特徴だ。春は山菜、夏は鯨やナス、秋は舞茸、冬はハタハタや鱈など、地元の旬の具材を使って作られる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 秋田県大館・能代男鹿・八郎潟秋田市角館・田沢湖大仙・横手・湯沢由利本荘
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP