いわてたんかくわぎゅう|岩手県

いわて短角和牛

エコロジーでナチュラルな育ちが特徴!赤身がジューシーな牛肉。

概要

しっかりした赤身が自慢の茶褐色の牛。「南部牛追い唄」に歌われる岩手の南部牛をルーツとしている。県北部を中心に飼育される短角牛は2~3月頃に生まれ、春から秋にかけて母牛と一緒に放牧される。この光景は、とてものどかでノスタルジック。短角牛は、牧草のほか野草を食べ、のびのびと過ごし自然交配する。このエコロジー&ナチュラルな飼い方がいわて短角和牛の特徴である。黒毛和牛と比べ霜降りが少なく、脂の旨みとはちょっと異なる赤身のジューシーな味わいが楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県宮古・久慈・岩泉大船渡・釜石盛岡花巻・遠野一関・平泉八幡平北上・江刺
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP