らふらんす|山形県

ラ・フランス

西洋ナシの最高峰。芳醇な香りとやわらかな果肉が贅沢なフルーツ

概要

明治時代のはじめ、フランスから日本に渡ってきた西洋なし=パートレット。元々は、その実を結ぶための受粉樹として植樹されたラ・フランスが、山形に入ってきたのは大正初期。その実の見た目の悪さと栽培に手間がかかることから、しばらくは受粉樹として栽培されていたものの、昭和40年代頃から芳醇な香りと美味しさが認められ、本格的な栽培がはじまった。ラ・フランスを美味しくいただくコツは、常温で追熟すること。一定期間常温においておくと、ラ・フランス特有の香りがたち、果汁がしたたるほどに果肉もやわらかくなる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
1月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP