あいづのさくらにく|福島県

会津の桜肉

美しい桜色の馬刺しはヘルシーで美味。会津の地酒によく合う

概要

白虎隊の哀史で有名な会津若松は、奥羽山脈と阿武隈高地に囲まれた盆地で、東北馬刺文化発祥の地といわれている。馬肉は、その美しい赤身と鮮やかな霜降りから”桜肉”と呼ばれ、さっぱりとした旨みと、とろけるようなやわらかさ。甘みにはクセがなく、消化吸収にも優れている。牛肉や豚肉に比べ、鉄分、カルシウム、たんぱく質を2~5割も多く含んでいるのに、カロリーは約半分。また、肝臓に良いとされているグリコーゲン、貧血に効果的な鉄分・リノレン酸、その他、ビタミンAを多く含んでおり、美容と健康にとても優れた食材だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福島県会津・喜多方
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP