ずんだもち|宮城県

ずんだ餅

仙台発祥の和スイーツ。いまや全国区の宮城銘菓!

概要

「ずんだ」とは枝豆でつくられる緑色の餡をさす。ゆでた枝豆の甘皮をとりのぞき、すり鉢でつぶしたものに砂糖を加え、塩と水で味を調えたもの。中でもつきたての餅とからめた「ずんだ餅」は有名。ずんだクレープやずんだシェイク、ずんだアイスクリームなど、さまざまなずんだ料理が存在する。

【歴史・由来】
賓客のもてなしなど特別な機会に餅をふるまったのが仙台藩の「ハレの食」で、ずんだ餅もそのひとつであった。米どころである宮城県には笹巻き餅やくるみ餅、納豆餅など、年中行事や祝い事で食される餅料理が50種類以上あるといわれている。その中で風味豊かなずんだ餅は人気が高く、現在でも多くの家庭で食べられている。

【食べるシーン】
盆とお彼岸に仏壇に供え、家族で食べる。盆やお彼岸の来客時のもてなし料理ともされる。

【作り方】
・枝豆を塩でもみたっぷりの湯でゆでる。
・枝豆をさやから取り出し薄皮をむく。
・すりこぎでつぶし、砂糖をくわえる。
・食べやすい大きさのお餅などとからめて食べる。

【提供店】
宮城県内の和菓子店、土産店。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県鳴子温泉・栗駒気仙沼・石巻仙台宮城蔵王・白石松島・塩釜
5月 6月 7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP