みやぎけんのうに|宮城県

宮城県のうに

風味豊かで、とろける味わいが絶品!夏が旬。

概要

宮城県の北東部、太平洋に面する南三陸沿岸は、細かく入り組んだリアス式海岸となっている。栄養が豊富で潮の流れが良いため、魚介類や海藻類の宝庫である。そんなミネラルたっぷりの海水の中で、栄養豊富なワカメなどを食べて育っているため、宮城の「うに」は甘さとコクが違う。この地方で採れるのは「キタムラサキウニ」。6月から8月のお盆前までが旬である。獲れたてのウニの殻を二つに割り、殻付きのままスプーンですくって食べたり、お寿司やウニ丼で食べたりするのがおススメ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県鳴子温泉・栗駒気仙沼・石巻仙台宮城蔵王・白石松島・塩釜
6月 7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP