ふかひれ|宮城県

フカヒレ

宮城県北東部にある気仙沼が、国内での取引の90%を占める

概要

”フカヒレ”の”フカ”とは、関西地方のサメ類の呼び名で、関東周辺では特に大型のサメを指す。そのサメの尾びれや背びれ部分を乾燥させたものをフカヒレといい、中華料理の食材に用いられている。日本は世界有数のフカヒレ生産国として知られており、国内でサメの水揚げが最も多いのが、宮城県北東部に位置する気仙沼港だ。気仙沼のフカヒレは、加工技術も優れていることから高級品として扱われており、国内での取引の90%を占めている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県気仙沼・石巻
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP