こぜなだいこん|宮城県

小瀬菜だいこん

葉がメインの珍しい大根。今では貴重な冬の保存食

概要

根を食べる通常の大根と違い、地下部は小さく、収穫時でも手のひら程度だが、葉長は1メートルを越える。葉を食す大根は全国的にも珍しく、江戸末期から冬場の保存食として、宮城県加美町小瀬地区で栽培が続けられてきた。11月下旬に収穫後、きつめの塩で漬け込み、漬けてすぐの青々したものはもちろん、時間の経過とともにべっこう色に変わったものもまた違った味わいが楽しめる。土との相性の問題で、江戸時代から農閑期に同地区だけで栽培されてきたとのこと。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県鳴子温泉・栗駒
10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP