せんだいばしょうな|宮城県

仙台芭蕉菜

仙台伝統野菜の一つ。辛みがなく、漬物に最適

概要

ツケナ類の中では葉が大きく、栽培によっては80cm以上になることもある。葉の形が芭蕉に似ていることから命名されたと言われる。仙台地方で古くから栽培されており、丸茎の大型種で、草勢旺盛で極めて作りやすい。東北から北関東にかけて、同じ”芭蕉菜”と呼ばれるツケナが栽培されているが、こちらは辛みがあることからタカナの仲間に属する。この芭蕉菜と区別するために「仙台芭蕉菜」と呼ばれている。旬は11月下旬~翌年2月頃。茎、葉ともに軟らかく、一般に漬物用として利用。独特の風味で賞味されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県鳴子温泉・栗駒気仙沼・石巻仙台宮城蔵王・白石松島・塩釜
1月 2月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP