とちぎけんのちぢみほうれんそう|栃木県

栃木県のちぢみほうれん草

旨味や甘み、栄養分もアップした、冬にしか味わえない稀少な味

概要

ほうれん草は、厳しい寒さのなかで栽培すると、凍結するのを防ぐため葉がしまって肉厚に育ち、旨味や甘みが増し、栄養分も凝縮されるという。この特徴を活かし、12~2月の寒い冬場に、あえて寒風にさらしながら栽培する「寒締め」と呼ばれる栽培方法で育てられているのが“ちぢみほうれん草”だ。地面に張り付くようにして生長し、チリチリした葉を持つユニークな姿に育つ。出荷時の糖度は、通常のほうれん草の2倍以上になるといわれ、アクや苦味が少なく、おいしいと好評だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県佐野・足利宇都宮日光・鬼怒川那須・塩原益子・真岡小山・栃木市那須烏山・那珂川
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP