きつれがわおんせんなす|栃木県

喜連川温泉なす

柔らかくみずみずしい喜連川温泉なすは、10月上旬からが旬

概要

栃木県真岡市~小山市が主な産地。作型の組み合わせにより出荷期間を拡大しているが、メインはやはり夏から秋。東京都中央卸売市場の8~10月における栃木県産のシェアは高い。また、喜連川温泉なすはハウス内の暖房に温泉熱を利用した、環境に優しい方法で栽培されている。味の旬は10月上旬~3月下旬。水分が多くて柔らか。漬け物やお浸しなどの和食から中華・洋食までどんな料理にも合う。なすに含まれるポリフェノールは、動脈硬化やガン予防、そして体の老化予防にも効果があるといわれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県佐野・足利宇都宮日光・鬼怒川那須・塩原益子・真岡小山・栃木市那須烏山・那珂川
1月 2月 3月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP