うーめん|宮城県

温麺

油を一切使わないヘルシーな手延乾麺は、長さも短く喉ごしも◎

概要

宮城県の南部に位置する白石市の名産品で、「うーめん」「ううめん」と読む。400年の伝統を持つ手延の乾麺で、一番の特徴は、約10センチ程度と長さが非常に短いこと。また、油を一切使わずに、小麦粉と塩水のみで作られているため、消化も良く、子どもからお年寄りまで安心して食べられる。”温麺”は、江戸時代の初期、旅の僧から油を使わない麺の作り方を教わった息子が、「そうめんを食べたい」という胃病の父のために、苦心して作ったのが始まりといわれており、その温かい思いやりから「温麺」と名付けられたと伝わっている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県宮城蔵王・白石
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP