おおひらぶどう|栃木県

大平ぶどう

大地と太陽の恵みをたっぷり受けた豊かな甘みとみずみずしさが◎

概要

大平町でぶどう栽培が始まったのは明治時代。北関東最大の規模を誇る観光農園「大平町ぶどう団地」として大きな発展を遂げた。栽培品種は甘みの強い「巨峰」を中心に、巨峰によく似た「キャンベルアーリー」、さわやかな酸味が身上の「ピオーネ」などの大粒種で、黒系以外に赤や白、緑色系のぶどうも揃う。おいしいぶどうの見分け方は、ツルが生き生きとし粒ぞろいでツヤがあり、果実の表面にブルームと呼ばれる白い粉(自然のロウ質)がついていること。出荷時期は5月~10月。GW明けぐらいからハウス栽培の巨峰の出荷が始まる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 栃木県小山・栃木市
5月 6月 7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP