みやうちな|群馬県

宮内菜

甘くて栄養価も抜群!くせがないので幅広く親しまれる

概要

「宮内菜」は、前橋市芳賀地域で栽培され始めたのが始まりである、アブラナ科の野菜。「かき菜」と呼ばれることもある。葉は浅い切れ込みがありやわらかく、甘みと風味に富んでいる。くせがないので、おひたしや和え物、炒め物、みそ汁の具など幅広く使われる。根元に近い茎の部分が一番美味しい、といわれる。ビタミンCやカルシウムを豊富に含む栄養価の高い野菜で、再生力が非常に旺盛な晩生多収品種。2カ月にわたり何度も収穫でき、生産者にとってもありがたい野菜でもある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 群馬県高崎・前橋
2月 3月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP