こくぶにんじん|群馬県

国分にんじん

甘くて柔らかい、稀少なニンジンは、お正月にも欠かせない

概要

「国分ニンジン」は、大正の中期に西洋系の長にんじんをもとに品種改良されたもので、根長は60~80cmになる。甘味が強く、色・香りも良く、料理すると、さらに旨味が増す。一般的に12月の下旬からお正月くらいまでの収穫時期が旬だとされている。収穫時期のせいもあり、お正月のお雑煮やお節料理などに多く使われている。昭和30年代頃がピークだったが、現在は、数人の生産者で、地域の伝統野菜として継続している。今では、「幻のニンジン」と言われるほど評価の高いニンジンである。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 群馬県高崎・前橋桐生・赤城富岡・下仁田草津・四万水上尾瀬・沼田館林・太田渋川・伊香保
12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP