つまごいこうげんきゃべつ|群馬県

嬬恋高原きゃべつ

日本一の産地・嬬恋村で育つ。みずみずしさとやわらかさは抜群

概要

浅間山の裾野に広がる標高800m~1,400mの高原地帯で栽培される「嬬恋高原キャベツ」は、昼夜間の温度差が大きいため、とびきり甘く、シャキっとした歯応えが特徴。主産地の嬬恋村は、高原キャベツの日本一の生産量を誇る。嬬恋村内では、玉菜(たまな)とも呼ばれ、主に夏から秋にかけて出荷されている。歯ごたえの良さとやわらかくて、みずみずしいこのキャベツは、生食に向いていますが、熱を通しても型崩れしないので、煮物や炒め物など、和洋中どのような料理にも良く合う。ビタミン類がたっぷりで、抗がん作用もある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 群馬県草津・四万
6月 7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP