とうきょうとのこまつな|東京都

東京都の小松菜

ビタミン・カルシウム・カロチン豊富!栄養満点の万能葉物野菜

概要

「小松菜」は、江戸時代から続く伝統野菜で、アブラナ科の葉物野菜としては、ほうれん草とならぶポピュラーな野菜。その名の由来は、江戸時代、徳川八代将軍吉宗が小松川の地名をとって「小松菜」と名付けたとされる。短い期間で栽培することが可能な上、さまざまな環境に対応できるので、一年を通じて安定的に市場に出回っている。カルシウムはほうれん草の5倍、ビタミンやカロチンも豊富。また、アブラナ科の葉物にしては、えぐみも少ないので、さまざまな料理法で美味しく食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 東京都都内(23区)亀戸・葛西・門前仲町
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP