のらぼうな|東京都

のらぼう菜

山の春を告げる野菜。くせのない甘さと歯触りの良さがオススメ

概要

東京都あきる野市五日市で栽培されいてる「のらぼう菜」は、菜の花のように花茎をいただくアブラナ科の野菜。旬は、3月下旬から4月中旬頃、山の春を告げる野菜である。天明・天保の飢餓の際は、住民はこの「のらぼう菜」で飢えをしのぎ救われたという。主に、おひたしやごまあえ、天ぷら、みそ汁、漬け物などにして食されるが、とにかくくせのない甘さと歯触りの良さが特長で、火を通すと更に色味を増し鮮やかになる。西多摩地区の直売所やJAあきがわのファーマーズセンターなどで販売されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 東京都奥多摩・青梅
3月 4月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP