はぜ|東京都

はぜ

江戸前天ぷらの定番!白子や真子を腹一杯に旬を迎える厳冬期

概要

晩秋から初冬にかけて旬を迎える「はぜ」。白子や真子が腹にいっぱいに丸々と太り、脂がのりきった厳冬期の1月頃が一番美味しい時期。産卵直前には、頭や骨がとてもやわらかくなり、軽く煮ただけで頭からしっぽの先まで残さず食べられる。江戸前のはぜは、天ぷらでいただくのがポピュラー。「江戸前はぜ・天ぷら船」と言われる東京湾遊漁船が、深川や佃島からでているほど。また干して出汁をとるのに使われたり、佃煮や甘露煮などにして食されている。

PAGE TOP