みやぎけんのほっきめし|宮城県

宮城県のほっき飯

ほっき貝のわたの出汁で炊いたご飯に煮た貝の身をのせて食べる!

概要

宮城県南部の亘理地方に古くから伝わる郷土料理。「ほっき飯」はほっき貝(ウバガイ)の炊き込み御飯のこと。旬は12月~4月頃で冬の味覚として親しまれている。ほっき貝(漢字で北寄貝)は貝の王様と言われ、甘みがあっておいしく刺し身やサラダに最適。宮城県では山元町磯浜漁港が県内一の水揚げを誇る。浜の郷土料理であるとともに、伝統的な家庭料理でもある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県鳴子温泉・栗駒気仙沼・石巻仙台宮城蔵王・白石松島・塩釜
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP