やなぎくぼこむぎ|東京都

柳久保小麦

味と香りに定評あり!東京産小麦の草分け的存在

概要

寛永4年、東久留米市柳窪に住んでいた奥住又右衛門が旅先より持ち帰ってきた一穂の麦から生まれたとされる「柳久保小麦」。この麦の品質が評判を呼び、その後、都内や近隣の県で栽培されるようになり、この麦からできる良質の粉は味も香りも抜群。特にうどんに適しているということで、人気を集めた。また丈の長い麦わらは、藁屋根にも利用されていた。現在は、東久留米市で微量ではあるが栽培されており、地元の店でうどんやまんじゅう、パンに形を変え食されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 東京都東村山・小平
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP